高校留学は将来に活きる

subpage01

日本のグローバル化が進んでいることを考えると、若いうちに英語を話せるようになっておくと良いでしょう。
英語を話せるだけで大学、就職、仕事に役立ち、高い評価を得ることができます。そのためにも、高校生のうちに英語を身につけておくことがオススメです。



しかし、高校で英語の授業を受けるだけでは英語を話せるようにはならないので、英語を話す練習をしなければなりません。

それも、ただ話すのではなく、コミュニケーションを取れるだけの環境に身を置く必要があります。
そこで、高校留学し、自分を英語環境に置くことがオススメです。高校留学することで、長期間、英語が当たり前の日常を得ることができます。

OKWaveに関するご案内です。

だから、聞くも見るも英語になるので、日本にいるよりも効率的に英語の勉強をすることが可能です。

ただし、自分から英語を話す必要があるので、消極的な行動は避けるようにしましょう。



現地の人と積極的にコミュニケーションを取り、英語を話すことに対して抵抗感がない自分にします。

これによって英語が当たり前だと自覚することができ、吸収力が高まるでしょう。コミュニケーションを取る際、完璧な文法である必要はなく、知っている単語をただ繋げるように話すだけで良いです。
文法は後から身に付くものなので、最初は気にする必要があります。


高校留学においてNGなのは、日本語を使うことと翻訳アプリを使用することです。


役立つものに頼ってしまっては、必死に英会話を身につけようと考えられなくなるので避けましょう。